menu

  • 低気圧酸素

高地トレーニング

低酸素環境となる高地では、筋肉への酸素の供給が制限されるため、身体に負担がかかり運動が強度になります。トレーニングが長期間にわたると血液中のヘモグロビン濃度が高くなり、平地でのトレーニングにくらべ筋肉への酸素運搬能力や、有酸素性エネルギーの生産能力が高まることで、心拍数の上がりにくいパワーのある身体がつくられます。

標高3,000メートル

高所トレーニングが長距離のみならず多くのスポーツ種目のトレーニングとして有効である事はマラソンのアベベ選手(エチオピア・2500m)以来、有森選手、高橋選手、野口選手等の日本人女子選手の活躍とともに、つとに知られるところである。高所とは、標高が高く、気圧の低い場所であり酸素濃度も低い。2300mでは約0.8気圧(-20%)となる。高所トレーニングでは低酸素環境下での呼吸循環器系の亢進とトレーニングでの刺激効果の両者期待されうる。

トップアスリートが取り入れている高地トレーニング

血液の酸素運搬能力が増し運動中と回復初期の筋肉の酸性度低下抑制、乳酸蓄積の抑制などにより単に競技成績が向上するのみならず、ラストスパートの際に"最後の一踏ん張りができるようになる"とも言われている(岡野選手・陸上競技1978年)

低酸素は長寿の環境

ヒマラヤ、アンデス、コーカサスなどの高地民族には 長寿者が多い。これは高所では血管が拡張し血圧上昇が抑制され、一方基礎代謝が亢進することなどによるという。さらには運動経験のない中高年者でも高所トレーニングで心血管系や有酸素作業能の改善による動脈硬化や肥満の予防などの健康増進を促す可能性を秘めているものと思われる。

  • 標高による気圧・酸素濃度

気圧(hPa)

酸素濃度(%)

  • トヨタが認めた低酸素ルーム

日本気圧バルク工業(株)の低気圧酸素ルームはトヨタ自動車陸上部で採用されています。
  • 共同研究

中京大学スポーツ研究学科 荒牧 勇教授と共同研究しています。

豊田キャンパスに酸素ルーム設置 最先端のトレーニングコンディション環境整う

スポーツ科学部の荒牧勇教授が研究で使用する、高圧、低圧の2種類の酸素ルームが10月29日、豊田キャンパス15号館地階の実験室に設置された。酸素ルームの導入により、最先端のトレーニングコンディションの環境が整うことになる。  荒牧教授は、内閣府の革新的研究開発推進プログラム「ⅠmPACT」の研究に参画し、「脳の健康プログラム」のグループ責任者の一人となっている。酸素ルーム内で高地などの環境を作り、学生アスリートたちのトレーニングやコンディショニングが脳に与える影響を計測し、得られた成果を一般の働き盛りの年齢層に応用していく。  高圧ルームは疲労回復やけがの早期回復に効果があるとされている。設置された高圧ルームは奥行2.5㍍。数人が中に入れる大きさ。水深3㍍の環境を作り出せる。  低圧ルームは高度3000㍍の高地トレーニングの環境を作り出せる。奥行5.2㍍あり、この中に自転車などのトレーニング器具も入れる。選手が高地トレーニングに合うかどうかもわかる。  荒牧教授は「酸素ルームをトップ選手に使わせて、酸素ルームの効果、中で運動した時の効果、脳と疲労との関係などを確かめ、一般の人への応用を考えていく」と話している。   酸素ルームは28日、29日の2日がかりで設置作業が行われた。29日は、豊田キャンパスを練習拠点にしている十種競技の中村明彦選手(2012年度体育学部卒、スズキ浜松AC)が訪れ、設置されたばかりの高圧ルームの使い方などを確かめた。