酸素ルーム 酸素カプセル 日本気圧バルク工業(株)

低気圧酸素ルーム

最高の高地トレーニング環境

高所トレーニングが長距離のみならず多くのスポーツ種目のトレーニングとして有効である事はマラソンのアベベ選手(エチオピア・2500m)以来、有森選手、高橋選手、野口選手等の日本人女子選手の活躍とともに、つとに知られるところである。高所とは、標高が高く、気圧の低い場所であり酸素濃度も低い。2300mでは約0.8気圧(-20%)となる。高所トレーニングでは低酸素環境下での呼吸循環器系の亢進とトレーニングでの刺激効果の両者期待されうる。血液の酸素運搬能力が増し運動中と回復初期の筋肉の酸性度低下抑制、乳酸蓄積の抑制などにより単に競技成績が向上するのみならず、ラストスパートの際に"最後の一踏ん張りができるようになる"とも言われている(岡野選手・陸上競技1978年) ヒマラヤ、アンデス、コーカサスなどの高地民族には 長寿者が多い。これは高所ででは血管が拡張し血圧上昇が抑制され、一方基礎代謝が亢進することなどによるという。さらには運動経験のない中高年者でも高所トレーニングで心血管系や有酸素作業能の改善による動脈硬化や肥満の予防などの健康増進を促す可能性を秘めているものと思われる。高所と同様の効果を平地では得られないだろうか。3000m相当の低酸素室内に16時間/日滞在し、一日2回トレーニングしたところ、血液量増加し運動時に乳酸増加(疲労の蓄積)は抑制され自転車での最大走行速度は有意に増加したとの報告がある (Berglund B ,1992)。運動経験のない中年男子に、2000m相当の低酸素環境下で15分の最大運動を週2~3回、4週間行い運動能力の増加と心筋酸素消費の効率化を認めた(浅野・筑波大学体育科学系紀要・1997)。低酸素室でのトレーニングにより血液酸素濃度の上昇、心拍数の低下、同一運動時の主観的運動強度の低下(同じ運動をしても軽くなる)といった順化がおこる。これらは運動選手のみならず登山、高所トレッキングの準備としてさらに一般人の健康増進にも十分に有用であることを示している。もっとも、こういった順化は比較的早く元に戻るので継続したトレーニングがより多くをもたらすことは言うまでもないし、開始前のメディカルチェック(全身とりわけ 心血管系や呼吸器系の健康診断)は是非行うべきである。。

多くのトップアスリートが取り入れている高地トレーニング

低酸素環境となる高地では、筋肉への酸素の供給が制限されるため、身体に負担がかかり運動が強度になります。トレーニングが長期間にわたると血液中のヘモグロビン濃度が高くなり、平地でのトレーニングにくらべ筋肉への酸素運搬能力や、有酸素性エネルギーの生産能力が高まることで、心拍数の上がりにくいパワーのある身体がつくられます。

より効率的な高所トレーニングが可能に!

私たちは平地で生活しているため、平地の環境に適合する身体になっています。高所に行くには、高所環境下に身を置き、身体を高所に適合させる必要があります。例えば訓練をしていない人が突然エベレストの環境に移されると、すぐに意識を失うと言われてます。富士山登山も同じです。普段、海抜数メートルの都市に暮らしている人が、バスに乗っていきなり2.300mに到達しそこで山登りするのですから運動による酸欠も合わさって、高山病になって当たり前と言えます。そこで、登山の直前に安静状態で低圧低酸素に順応させる低圧室が効果的と考えられます。

免疫力UPで健康増進

気圧の変化を活用して起こす「高地順応」には、健康増進への様々な効果があります。健康維持の要である免疫力をアップすることによって、病原体や体内の不要物を取り除く力は絶大です。血流を活性化し、酸素と栄養を身体の隅々まで行き渡らせることによって、細胞の活性化を助けて代謝の促進を図り、身体機能の向上や疲労回復を促します。室内で運動することで高地トレーニングを行うことが可能です。